このエントリーをはてなブックマークに追加


Raspbianで無線マウスが遅れてorカクカク動く場合の対処方法

ラズパイに使おうと、サンワサプライの無線キーボード&マウス 400-SKB052(Amazonへリンク)を購入しました。
他のマウスでも同様の事象が出ている場合は、本対処方法で解決するかもしれません。
ちなみに、Windowsで使っても、キーボードでAlt+Fn+PrtScが反応しないと言うキーボードでした…

早速、ラズパイのUSBポートにレシーバーを挿しマウスを動かすと…
マウスカーソルが遅れて動く、そもそも動かした量より動いていない。
カクカク動くこともある…

使用したPi&Raspbian

$ cat /proc/cpuinfo | grep Model
Model		: Raspberry Pi 3 Model B Rev 1.2
$ lsb_release -d
Description:	Raspbian GNU/Linux 10 (buster)

cmdline.txtにマウスの設定を追記

以下の設定を /boot/cmdline.txt に追記すると不具合が解消するかも!?です。
当方の環境ではマウスカーソルがスムーズに動作するようになりました。
手順を以下に記します。

  1. ターミナル(端末)t.pngを起動します。
  2. 以下のコマンドでcmdline.txtを開きます。
    • nanoの場合
      sudo nano /boot/cmdline.txt
    • viの場合
      sudo vi /boot/cmdline.txt
  3. 修正前は以下のようになっていました。(1行です)
    dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=356e789e-01 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles
  4. 一番最後に usbhid.mousepoll=0 を追記します。(1行です)
    みなさんの環境と当方の環境では、異なる値の部分もあると思いますので、一番最後に半角スペースとusbhid.mousepoll=0を追記してください。
    当方の環境では、以下のようになりました。
    dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=356e789e-01 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles usbhid.mousepoll=0
  5. 追記したcmdline.txtを保存しテキストエディアを終了します。
  6. 再起動します。
    sudo reboot

マウスがスムーズに動作するよになったと思います。

以上、Rspberry Pi & Raspbian でマウスがスムーズに動作しない場合の対処方法でした。


スポンサーリンク

添付ファイル: filet.png 81件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-09 (月) 21:27:11